お久しぶりです。みなさん待望の荻野です。

12/4(Mon)〜12/8(Fri)の5日間
ニュージーランドのクライストチャーチで行われた ICCE2017 に
瀬田先生・林先生・M2(エマ・荻野・杉本・室谷・森)が参加しました。
それでは、1日ずつ振り返っていきましょう。


12/4(Mon) Pre-Conference 1日目
〜始まりを告げる鐘の音〜

今年のPre-Conferenceでは、Workshop や Tutorialといった
Main Conference に向けた発表がありました。

この日は、我らの「元気印」荻野の発表がありました。
英語の発音に四苦八苦しながらも、異名に恥じぬよう元気よく発表しました。


12/5(Tue) Pre-Conference 2日目
〜早すぎたひとときの休息〜

この日は会議の合間に、研究室のメンバー + 関西大学の小尻先生の8人で、
クライストチャーチの近くのアカロアという自然豊かな半島に少しだけ足を伸ばしてきました。

山の頂上から一望できる見晴らし、海岸から見える景観は本当に綺麗でした。


12/6(Wed) Main Conference 1日目
〜緊張感漂う革命前日〜

この日から、Main Conference が始まりました。
Main Conference では、Session・Poster・Keynote Speech・Invited Speech など様々な発表がありました。

初日の今日は、エマの発表がありました。
エマの発表は、席が全て埋まるほど注目度も高く、聴衆を飽きさせないとてもインタラクティブな発表でした。
また、エマの論文は、投稿された学生の論文の中でも、
大変優秀であるとされる Best Student Paper Award にノミネートされました。

そしてこの後、ホテルの部屋に戻り、
エマ、Pedro (平嶋研@広島大)、Byron (三石研@東北大) に手伝ってもらい、
次の日の発表に向けて練習を行いました。


12/7(Thu) Main Conference 2日目
〜始まりと終わり。そしてまた、始まり。〜

そして、この日は、林先生・杉本・森の口頭発表、室谷のポスター発表がありました。
林先生はもちろんのこと、学生各々も英語での発表・質疑応答含め、
しっかりとした準備・練習の成果が発揮されたような発表でした。
(僕が言うのもあれですけど、)みんなのたくましさが垣間見られた瞬間でした。

また、林先生は、投稿されたすべての論文の中で、大変優秀であるとされる
Best Overall Paper Award にノミネートされました。

そして、この日の夜、みんなで Banquet に参加しました。
今回の Banquet は、ICCE の歴史を振り返るクイズがあったり、
ニュージーランドの美味しい料理だけでなく、先住民のマオリの方々と踊ったりと、
ICCE、さらには、ニュージーランドを自身の肌で感じることができた瞬間でした。


12/8(Fri) Main Conference 3日目
〜思い思いの思いを胸に〜

最終日@Closing Ceremony

言うまでもなく栄誉。
Best Overall Paper Award
林先生・瀬田先生・JAISTの池田先生
みなさんおめでとうございます!!!!!


〜終わりに〜

国際学会に出られたこと
M2みんなで来られたこと
英語での発表の機会をいただけたこと
この場に立ち会えたこと
瀬田先生・林先生に教えていただけていること

恵まれた環境にいるということ

その全てに感謝したいと思います。

Error: cURL error 6: name lookup timed out